SGECホームへ
 
SGECとは 認証森林・事業体 認証の申請 組織概要
       
  SGEC森林認証制度とは?
     
SGEC森林認証が必要な理由
     
  SGECがもらたらす『緑の循環』
     
  SGEC認証制度は我が国独自の制度
     
  SGEC森林認証の手順
     
  SGECの7つの基準
     
 
●SGECの森林認証が必要な理由
ホーム サイトマップ お問い合せ
日本の消費者は、認証ラベルをつけた外材の方が環境に優しいと考えてしまうでしょう。 水土保全、大気浄化、CO2の吸収など、森林の公益的な機能が衰えてしまいます。 森林認証が広まれば、原生林の無秩序な伐採を防ぎます。 日本の消費者の約半数は環境に配慮した消費行動をとっています。 消費者は自主的な表示よりも第三者による客観的な保証を信頼します。 各国、各地域の社会慣習、文化を尊重する森林認証が求められています。 森林施業計画制度とうまく連携することにより、小さなコストと手間で効率的な認証システムとなります。 日本の森林は原生林の破壊よりも、人工林の劣化が問題になっており、森林管理のレベル向上と体質改善が課題です。 地域社会での森林資源の循環利用は、地球温暖化防止にも役立ちます。 日本には森林植生や地域特性、施業方式や規模の大小など、さまざまな形態の森林があります。